[PR]三味線奏者・小唄師範 宮澤やすみ
あなたの街でも、リモートでも。どこでも出演します→問合せ

三味線でいろんな曲弾きたい!歌いたい!
三味線奏者、宮澤やすみの
ポピュラー音楽レッスン
松任谷由実の名曲カバー。三味線でもギターのように気楽に弾き語りを楽しんじゃっていいのです

三味線はもっと自由にやれる!

たとえばウクレレ。
ウクレレはハワイアン音楽だけでなく、ジャズ、ロック問わずどんな音楽でも分け隔てなく演奏します。
ジャカジャカ弾いて歌って、それでリスナーも何の疑問ももちません。
「伝統のハワイアンをやるべきだ!」なんてクレームを入れる人はいないですよね。

そんなウクレレみたいな存在に、三味線もなればいいと思っています。
こんにちは。宮澤やすみです

昭和初期、豊吉という芸妓が、当時流行した西洋音楽を、ジャズバンドと一緒に三味線で演奏しました。
伝統界隈から批判もあったそうですが、それをものともせず、工夫しながらひとつのスタイルを確立。戦後は演歌の世界で重宝したそう。

しかし、平成以降のレトロブームと津軽三味線の流行で、三味線のイメージがある意味逆行してしまいました。
三味線と言えば、吉田兄弟?、落語の出囃子?、歌舞伎の伴奏?、もちろんどれも素晴らしい音楽だけど、それ以外で使われることのない、じつに狭いイメージが三味線についてしまいました。
しかし、もともとは庶民がワイワイ歌うときに気軽に弾く、自由な楽器だったはずです。
私・宮澤やすみは、昭和初期の自由な空気を取り戻し、さまざまな楽器といろんな音楽を三味線で演奏したいし、あらゆる音楽に対応できる奏法を伝えたいと活動しています。

メジャー7thや9thコードを、三本の糸でどう弾く? コツを伝授します。三味線だけで松田聖子の名曲カバー


エレキ三味線と生三味線の二挺使い


自由な三味線演奏に必要なのは?

三味線は我流でデタラメに弾いてもきれいに鳴りません。一度はちゃんと習うことをおすすめします。

初心者の方、アマチュアの方はもちろんですが、他の楽器のプロの方(バイオリン、ギターなど)も大歓迎。
ご自身の音楽の幅を広げるお手伝いをします。
いずれも、短期からお教えします。

内容としては、
●三味線の構え方(これ大事)
●三味線の基本的な奏法
●コードの基礎(洋楽の知識)
●三味線でのコードフォーム(秘伝)
●弾き唄い(ギターで言う弾き語り)
などが上げられます。

他楽器の経験がある方は、三味線の扱い方を重視、三味線の経験がある方はコード知識を重視、などなど、人によって調整しながら、学んでいきましょう。

「お試しで一回さわってみたい」というのもお受けします。
ただ、それなりにマスターしたければ、月2〜3回、3か月単位で通うのをおすすめします。
その他、ご本人の都合に応じてご相談ください。


世界共通!音楽の楽しさ、深さを知る

「和の世界って、流派とかめんどくさいんでしょ」という方、ほらほら!それが固定観念っ!笑
このページは、もはや和の世界ではないので、心配いりません(ただしお江戸な和の世界「小唄」も教えていますので興味あれば→こちら)。
基本的な奏法と、ちょっとしたノウハウをマスターすれば、後は自由な世界が待っています。

短期レッスンで興味が深まれば、一年二年と続けるのもおすすめ。
深めるうちに、
「三味線を存分に鳴らす扱い方」
「邦楽と洋楽ってなにがちがうの?」
など、楽器と音楽全体の謎も解けてくると思います。

これからプロをめざす方も大歓迎。宮澤のライブ出演やレコーディングに同行し、音楽の仕事の現場に入るのも、またとない経験になります。
いろいろ不明点もあると思いますので、下記フォームからご連絡ください。レッスン代などお知らせします。 稽古場は、東京・神楽坂と渋谷(桜丘)です。
オンラインも受け付けますが、初心者の方はまず対面で実物に触れたほうがよいです。

おきらくに、三味線での弾き唄い(弾き語り)はっぴいえんどのカバー



エレキ三味線を駆使したロックバンド”ザ・ブッツ”


■■レッスン随時受付中■■
レッスンを受ける生徒さんのことを「お弟子さん」と呼んでいます。
落語の世界のような「内弟子」ではありません。
料金は1レッスン単位です。月謝制ではありません。1か月に3回通えば割引もあります。金額は面談時に応相談。
楽器はお貸しできます(一回400円)。
椅子での稽古です。正座は不要。
その他いろいろ心配事があると思いますし、こちらもひとつひとつご説明したいので、 まずは以下の連絡フォームからご連絡をおねがいします。メールまたは面談で心配事を解消し、お互い納得したらお稽古(レッスン)を始めましょう。

初心者には構え方から手ほどき




フリーメールをお使いの方(yahoo, gmail, hotmail など)
こちらの返信が「迷惑フォルダ」に振り分けられる場合が多発しています。
メールソフトの設定で、yasumimiyazawa.com ドメインからの受信を許可してください。


参考:宮澤やすみの音楽活動(PCサイト)

Copyright © Yasumi Miyazawa All rights reserved.