宮澤やすみの
キーワード
仏像、お寺めぐりの魅力を執筆、トーク

粋な唄と三味線で出演中

和菓子の魅力を執筆、トーク

お仕事事例
手みやげ、和菓子、仏像、お寺、宮澤やすみの著書、好評発売中!

雑誌、WEBなど各種メディアに出演

雑誌、WEBなど各種メディアで執筆

イラスト作品集

”道”をはずれた書アートの数々。筆文字ロゴデザインも



 

メインブログ

Facebook Youtube 宮澤やすみチャンネル yasumi_mをフォローしましょう

生涯学習、講演、コンサート ― 町おこしに宮澤やすみの仏像ライブ

仏像はかわいい!たのしい!セクシー!
※検索でいらした方へ:
仏像ツアーや出演情報はトップページにあります
取材、お仕事などのお問合せはこちらへ



セクシーな腰つき。仏像のエロス(生のエネルギー)に萌える

仏像をたのしもう!

「歌う仏像ナビゲーター」がお届けする、魅惑の仏像世界!
仏像にハマった子供時代
仏像は、ホッと癒されます。心が和みます。
でも、それだけで終わらないのが仏像の奥深さ。仏像にワクワク、ドキドキ。ときめきの思いで仏像に接する人が増えています。
私、宮澤やすみも幼少からの仏像好き。子供のころ、仏像は「スーパーヒーロー」であり「アイドル」でした。
その思いを今も大切に、執筆&トークをしています。

仏キャラ大集合
仏像にもいろいろあります。「如来」はどっしり貫禄のプレジデント。「菩薩」は身近なケアが身上のきれいなおねえさん(イケメンも)。「明王」はヘヴィメタ系の大迫力。「天部」は強そうなガードマンとセクシーな女神たち。
仏のキャラクターを知ると、仏像拝観がグッとたのしくなります

仏像でみる時代の流行
時代によってちがう仏像のかたち。カワイイ飛鳥、神秘の奈良、やすらぎの平安、迫真の鎌倉、そして「わびさび」へ。時代様式を知ると、仏像の見方が深まります。

「歌う仏像講師」として講座、トーク&ライブショー、バスツアーも
各地の仏像をめぐる仏像ツアーを始め、「仏像鑑賞入門講座」など、初心者むけに仏像をご案内。いずれも堅苦しい話は一切ナシ! 笑いのある仏像トークが好評です。
自治体主催の講演や、カフェでのトークライブ、好評の「ご開帳ブルース」などミニライブも! 
自治体生涯学習課ご担当者様、イベント主催者様まずは気軽にご相談ください
(これまでの自治体講座:中央区、千代田区、文京区、柏市、浦安市、川口市など。民間講演会:フルハップ女性交流会様(大阪)、某企業様講演会(福岡)など)


  
   宮澤やすみと行く各地仏像ツアー予約受付中!

  
   秘仏の前で奉納演奏ライブ

  
   仏像ソングのミニライブ

  
   仏像テーマに各地で講演も

ラジオ、テレビで仏像トーク →出演履歴
ラジオ、テレビでも、ちょっと笑えてためになる(?)仏像トークをしています。TBSアナウンサー・安住紳一郎さんには「煩悩丸出しですね」とツッコミもらいました。
 NHK総合「ひるまえほっと」準レギュラー
 NHK総合「こんにちはいっと6けん」準レギュラー
 テレビ東京「極旅」
 TBS「マツコの知らない世界」
 TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」
 TBSラジオ「堀尾正明のエンタメ朝一番」
 FM J-WAVE「山田五郎+中川翔子 東京Remix族」
 フジテレビ「GRA ゴールデンラッシュ嵐」 など・・・
 出演のご相談いつでもどうぞ

  
   NHKで仏像さんぽ出演中

仏像の執筆、企画協力
テレビ、雑誌など仏像企画のブレーンとして仏ネタの提供しています。
 テレビ大阪「和風総本家」仏像ソムリエ
 女性セブン
 週刊女性
 じゃらん など・・・
 自分で執筆、イラスト、写真もやってます。
 企画協力&執筆のご相談お気軽に



お寺、神社もたのしんじゃってます

   仏像フレンチで仏像談義

気軽な修行体験、抹茶とお庭で「お寺カフェ」、ゴージャス精進料理を堪能・・・さらには、仏像のイメージで作ったフランス料理をいただく「仏像フレンチ」なんかも楽しんでます。
日本は神仏習合。神社だってたのしくて心洗われるのです。
     
   神社を正式参拝

仏像とお寺の本、音楽 →詳細
「拝み損していませんか?」のキャッチフレーズで、仏像のキャラクター解説を易しく書きました。「レジャーとエンタは寺にあり」は『お寺にいこう』のキーワードです。
どちらもアマゾンなどネット書店ですぐ購入できます。


宮澤やすみの仏像CD&著書好評発売中!
     
CD 『Ash-La La La』   『東京仏像さんぽ』   『仏像にインタビュー』


  
  『グループ別ですんなり
  わかる はじめての仏像』
  『お寺にいこう
   −身近で新しい
  遊び方』


  ■■これまでの出演履歴と今後の予定はこちら■■




国宝、重文、そして町の仏。それぞれの魅力を存分に味わって
 

Copyright © Yasumi Miyazawa All rights reserved.